塗り替え診断

塗り替えはなぜ必要なのでしょう。塗り替えドクター診断をしてみませんか。

塗り替え塗装

塗り替えはなぜ必要なのでしょう?
建物は太陽光線や風雨、雪などの自然条件や排気ガス、ばい煙などの人的要因に絶えずさらされています。

そのまま

そのまま

新築の時に建物を美しく保護している塗膜はこれらの条件によりじわじわと劣化しているのです。
初期は表面の汚れから始まり、変色や退色、チョーキング(表面を触った時に手に白い粉が付く現象)へと進行して保護機能が弱まり、塗膜のワレやハガレが生じたり、建物自体の損傷に至ります。

塗り替えをする

塗り替えをする

建物の美観を維持し寿命を延ばすためには、「早めの塗り替え」が秘訣です。塗り替えによるリフレッシュにより、
1. 財産価値が向上し
2. 建物の寿命が伸び
3. 美しい建物で快適な生活が送れる

このような利益を得られます。

塗り替えドクター診断

ご自宅の壁や屋根は大丈夫ですか?
まずは次の図で自己診断してみませんか?

自己診断図

  • 外壁に汚れ・シミ・カビ・藻・コケが目立つ。
  • 塗装面を触るとチョークのように色が落ちる。
  • 壁等にヒビ(クラック)がある。
  • 塗装面の浮き・ハガレが出ている。
  • 鉄部・トタン部分が変色・サビが出ている。
  • 塗装面がはがれ下地が露出している。

このような症状が出ていれば「赤信号」です。ぜひご相談ください。