彩アストン(床用)

透水性天然石最密構造樹脂舗装材 彩アストン 標準施工要領書

1セット8o厚で1uの施工が可能です。

下地について

下地はコンクリート、またはモルタルです。砂利の上に直接"彩アストン"を施工することはできません。

下地は完全に乾燥させてください。(含水率 10%以下)

新設コンクリート...14日以上
モルタル下地.........7日以上

コンクリート・モルタルともに金ゴテ押さえ同等の精度としてください。

油脂類は、シンナーなどで完全に拭き取ってください。

ひび割れ・不陸のある場合は下地の補修を行ってください。

ほこり・ゴミ・コケなどは十分に清掃してください。

このセットに入っているもの

  • 標準施工要領書
  • 彩プライマー
  • 彩アストンバインダー
  • 骨材
  • 最密充填骨材

彩アストンのセットには、
一般用と冬用があります。

  • 一般用15〜34℃(3〜10月)
  • 冬用6〜14℃(11〜2月)

でご使用ください。

※バインダーとプライマーは絶対に混ぜないでください。

作業手順

1. プライマ−塗布

プライマー塗布はコンクリート・モルタルと骨材との接着強度を増す為に行います。
箱を開けてプライマーパックを取り出し、プライマーをロ−ラ−皿等に移します。

端部などは廻りを汚さないように刷毛を使用してプライマーを塗布します。

※石、タイル、モルタル等に付着するとシミになり除去ができなくなってしまいます。
付着の恐れがある場合は、養生を行ってください。

吸込み量の少ない下地については、1回の塗布にしてください。
ただし、吸込み量の激しい下地については、2回以上塗布してください。

※塗布直後は未乾燥の状態が続きますので靴の裏にプライマーが付着し、周囲を汚してしまうことがありますのでご注意ください。

※塗布後、1時間以上12時間以内に骨材の塗り付けを行ってください。
(完全乾燥していなくても施工できます。)

  • プライマーが溜まっている状態で、骨材の塗り付けを行うと、骨材表面にプライマーが浮き上がり、黄変する場合があります。
  • プライマーが溜まっている場合、または塗布しすぎた場合はウエス等で拭き取ってから骨材の塗り付けを行ってください。

2. 樹脂の混入と混練

練舟に骨材1袋に、バインダー(樹脂)1パックをすべていれます。

※2セット以上混練する場合は、あらかじめ骨材とバインダーの数を確認してください。

※パックを折りたたみ、バインダーを完全にしぼり出してください。
(樹脂不足による骨材剥離の原因になります。

樹脂が均一に混ざるまでクワでよく混練してください。

※混練が不十分な場合、強度不足や発泡の原因となります。

※セット以外の物は絶対に混入しないでください。

3. 最密充填骨材の混入と混練

最密充填骨材を徐々に加え、全量を混練してください。

※最密充填骨材は必ず全量を混入してください。

※最密充填骨材を混練する際は骨材と樹脂の混練後としてください。

最密充填骨材が均一に混ざるまでクワでよく混練してください。

※セット品以外のものは絶対に混入しないでください。

4. 骨材の塗り付け

混練した骨材は、すばやく8o厚平均で塗りつけてください。

※一ケ所に放置しておくと、樹脂だまりができて発泡の原因になるので、放置しないでください。

※練舟・モルタルミキサーに残っている骨材をかき出すときは、樹脂だまりができているため、一度混練してください。

※混練後の可使時間は、一般用(30℃)約50分。冬用(15℃)約40分ですので、時間内に施工を終了してください。

5. ローラー押さえ

ウーローラーを使用し、骨材を押さえつけるように転圧し骨材が密になるようにします。
ローラーで縦横ムラの無いように転圧します。

※ローラーは新しいものを使用し、プライマーで使用したものは絶対に使用しないでください。

6. コテ押さえ・仕上げ

仕上げは金ゴテでよく押えて表面を平滑にしてください。

※最後の押えは必ず、彩専用溶剤で金ゴテを拭き、石が立っていないように施工してください。

彩専用溶剤を含ませた刷毛等で金ゴテを拭き、コテ切れをよくしてください。

※コテに樹脂が付着しているとベタツキが残り、骨材を引っ張ってしまい石が立ってしまいます。

7. 養生

養生時間

発泡対策

樹脂だまりがあると発泡がでます。

※発泡を放置しておくと、このまま硬化してしまいます。硬化した発泡箇所は斫り取り再施工してください。

※発泡は施工後1時間〜2時間で発生します。

硬化前なら発泡は消すことができます。

※発泡を発見したらすぐに彩専用溶剤を刷毛に含ませ、発泡した箇所を上から軽く叩くようにし発泡を除去します。

※刷毛を横に動かすと、硬化前の骨材が動いてしまうため避けてください。

納まり

階段(出隅)の仕上げ

階段の蹴上げ部は平タイルで処理します。
また段鼻部の仕上げはコーナータイルか平タイルを貼り、両端のみ"彩アストン"を埋め込む等の排水処理を行ってください。

縁まわりの仕上げ

"彩アストン"の端部は、ボーダー・タイル・縁石・擬木などで処理してください。

ふたまわりの仕上げ

"彩アストン"の端部には、ステンレスか真ちゅうのふち取りを施します。
また、ふた部分にはL字型のふち取り材を接着し施工します。

※立上りには、「彩アストン立上り用 1㎡セット(8o厚)」があります。
※排水設備は必ず設けてください。

施工上の注意事項

注意書き

【予防策】

  • 容器を密閉しておくこと。
  • この製品を使用するときに、飲食または喫煙をしないこと。
  • 取扱い後はよく手を洗うこと。
  • ミスト/蒸気/スプレーの吸入を避けること。
  • 換気が十分でない場合には、呼吸用保護具を着用すること。
  • 汚染された作業衣は作業場から出さないこと。
  • 保護手袋、保護眼鏡、保護マスク、保護衣を着用すること。
  • 環境への放出を避けること。
  • 水・アルコール類・アルカリ性物質と反応するので、密閉容器中でこれらのものと混合しないこと。

【応急措置】

  • 飲み込んだ場合、気分が悪い時は、医師に連絡すること。
  • 皮膚についた場合、多量の水と石鹸で洗うこと。
  • 皮膚刺激または発疹が生じた場合は、医師の診断/手当てを受けること。
  • 汚染された衣類を再使用する場合には洗濯すること。
  • 目に入った場合、水で数分間注意深く洗うこと。次にコンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外すこと。
    その後も洗浄を続けること。目の刺激が続く場合は、医師の診断/手当てを受けること。
  • 吸入した場合、呼吸が困難な場合には、空気の新鮮な場所に移し、呼吸しやすい姿勢で休息させること。
    気分が悪い時は、医師の診断/手当てを受けること。
  • 呼吸に関する症状が出た場合には、医師に連絡すること。
  • 暴露または暴露の懸念がある場合、医師の診断/手当てを受けること。
  • 漏出した場合、漏出物を回収すること。

【保管】

  • 施錠して保管すること。
  • 子供の手の届かないところに保管すること。

【廃棄】

  • 内容物や容器を都道府県知事の許可を受けた専門の廃棄物処理業者に廃棄を委託する。

骨材は天然石のため、ロットにより多少色調の違う場合がありますのでご注意ください。
※商品の仕様等は、予告なく変更することがありますのでご了承ください。